カテゴリ:日本茶works*( 1 )


中国茶の講習会に参加してきました!



d0199745_1272666.jpg




これも日本茶勉強の一環☆
お茶というものを知るためには、中国茶も知らないとネ!
紅茶は以前講習会が開かれたので、今回は中国茶という訳です。

講師はなんと、同じ日本茶アドバイザー・インストラクターの方!
しかも中国茶に関しては栄誉会員という方たち!!

すごいでしょー?
日本茶仲間の中には、結構ツワモノが多いのです。
紅茶の資格を持ってる方も入れば、中国茶の資格も持ち合わせている人もいる。


お茶ってそれだけ奥深い飲み物で、
知れば知るほどさらに知りたいことが出てくる。
そんな存在。
だからこそ、ひとつのお茶を学び出すと、あっちもこっちもって手を出したくなるのかもしれません。




d0199745_1215295.jpg




『茶芸』を披露してくれました。
まるでショーを見ているみたい!
しなやかな動き、無駄のない動き・・・etc・・・
見入ってしまいます。

茶芸にはその人らしさを折り込むことが大事なんだそう。
だから、人によってやり方は別なんだそうですよ^^




d0199745_12201571.jpg





茶芸で淹れてくれたお茶は 『珠蘭』 というお茶。
小さなちいさなお花を付ける、蘭の入ったお茶なんだって!
香りも味も、独特でした。




d0199745_12225475.jpg





茶芸を鑑賞した後は、テーブルごとで6種類のお茶を飲み比べ☆
上↑の葉っぱ、とってもキレイでしょう?
これは白茶という種類。
葉っぱが白くて、うぶ毛フワフワ。
お湯を注いでお茶として飲むと、スッキリ!!
なのに、品のある甘さ。
でも、葉っぱをそのまま食べると日本茶の葉より苦い・・・(苦笑)

中国茶は不思議デス。


他にもいろいろ飲みました~。
でも、一番印象に残ったのは上で紹介した白茶かな?

そうそう!

プーアール茶、冷え性の方に良いそうです◎
生姜はワッと温まって、すーっと冷えていくけれど、
プーアール茶はジワジワ温まって冷えにくいんだとか。
だから、お手洗いが近くて夜中に起きてしまう人にもオススメなんだそうですよー。
お試しあれ♪




d0199745_12302358.jpg





帰るころにはお腹が苦しくって・・・(苦笑)
チャプンチャプンのお腹を抱えて帰りました(笑)
本当は滅多に通らない場所にあるカフェに寄って帰りたかったんだけれど、さすがに断念(^^;
今度はカフェにも寄りたいな♪








[PR]